「ウマ娘 プリティーダービー」に登場するグラスワンダー(CV.前田玲奈)ってどんな馬?

Cygamesにより開発中のゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』。
2018年にはP.A.WORKS制作によるアニメ化も決まっています。

登場するウマ娘は全て実在する競走馬をモデルにしています。

その中で、前田玲奈さんが演じる『グラスワンダー』。
実際にはどんな馬だったのでしょうか?
作品の中ではどんなキャラクターなのでしょうか?

グラスワンダーとは

生年月日

1995年2月18日

生産者/産地

Phillips Racing Partnership & John Phillips/アメリカ

通算成績

15戦9勝(2位1回)

重賞勝利歴/騎手

1997年 京成杯3歳S(G2)/的場均
1997年 朝日杯3歳S/的場均
1998年 京王杯スプリングC/的場均
1999年 宝塚記念/的場均
1999年 高松宮杯/的場均
1999年 毎日王冠/的場均
1999年 有馬記念/的場均

血統

父:Silver Hawk
母:Ameriflora

特徴

グラスワンダーはアメリカ生まれで、日本で調教された馬です。
重賞レースに出る前から、ムチを使わずに大差で優勝するなど、抜きんでた才を発揮していました。
2歳の時に、年度代表馬投票において得票数10票を獲得しました。2歳馬が年度代表馬で投票を得るというのは極めて異例で、グラスワンダー以降は存在しません。
「JRA史上最強の2歳馬」という評価を得ています。
3歳で迎えた99年のレースでも重賞レースで4戦3勝と着実に勝利をつかみました。

主なレース

1999年 宝塚記念

前走の安田記念ではスペシャルウィークが1着、グラスワンダー2着でした。
そんな中迎えた宝塚記念は、スペシャルウィークとグラスワンダーの一騎打ちになること間違いなしと言われていました。
先に仕掛けたのはスペシャルウィークでした。
第三コーナーを抜けた辺りでトップに立ちました。
しかし、第四コーナーを抜けた辺りでグラスワンダーがその姿をとらえ、そのまま一

着となりました。
スペシャルウィークと3着のステイゴールドとの差はなんと7馬身もありました。
誰もが予想通りの一騎打ちのレースであったというわけです。

1999年 有馬記念

スペシャルウィークが後方待機に脚質転換を行ったスペシャルウィークは最後方を走っていました。
ラスト50mでテイエムオペラオーが先頭に立ったが、スぺ、グラスワンダーがすぐに追い上げて先頭にたちほぼ同着でゴール
スペシャルウィークがわずかな差で勝ったかと思われ、写真判定の結果、グラスワンダーの勝ち。

史上三頭目の有馬記念連覇を達成しました。

グラスワンダー(CV.前田玲奈)はどんなキャラ?

アメリカ生まれの帰国子女。しかし流暢な日本語と温和な物腰のため、あまり外国人の雰囲気はない。
おっとりとして、大人しくいつもニコニコ笑っている落ち着いた性格。ほんわかとした独特のペースで話す。
あまり闘争心がないように思われがちだが、ボーッとしているときほど集中力が増し、レースで驚くような走りを見せる。
スペシャルウィーク、エルコンドルパサーとはクラスメイトであり親友。みんなの良き相談相手であり、しっかりと相手の意見を聞き、やさしく諭すように意見を言う。そのあまりに的確な発言から「実は腹黒いのでは?」という疑惑もあるらしい(?)

アメリカ生まれではあるが調教は日本で行われていることから、外国馬の雰囲気がないという設定に落とし込まれています

同じ95年生まれで、98年99年にお互いに同じレースで競いあった中でもあるスペシャルウィークとエルコントルパサーとはクラスメイトとなっています。
ウマ娘の中でも白熱した戦いが見られることが楽しみです。

キャラクターソングの「Secret GRADUATION」は温和な性格のグラスワンダー(CV.前田玲奈)にぴったりの穏やかなテンポの曲となっています。
そしてなんと恋愛の歌です。恋をしてしまったがまだ誰にも言えずに胸の中にしまったままというような切ない歌詞となっています

まとめ

グラスワンダーは1995年にアメリカで生まれ、1997年から日本で数々のレースで活躍した馬です。
最強の世代と言っても過言ではない、スペシャルウィークやエルコンドルパサーと同じ年の生まれです。
ウマ娘の中では世代を超えてどのような活躍をしてくれるのか、非常に楽しみです。

(C)Cygames, Inc.